中小企業専門の経営コンサルティングサービス

柿原 健作

柿原 健作(Kakihara Kensaku)

柿原 健作(Kakihara Kensaku)

柿原 健作 Kakihara Kensaku

基本情報

氏名 柿原 健作(かきはら けんさく)
URL http://www.kakihara-office.com/
所在地
城南オフィス

〒152-0031 東京都目黒区中根1-11-15

会社概要
柿原健作行政書士事務所
  • 法人設立(社団法人、NPO等特殊法人も可)
  • 各種許認可申請(建設業、介護事業、金融商品取引業等)
  • 事業承継・M&A
  • 相続対策

キャッチコピー

失敗経験の重さで、私の右に出る者はいません。経営の岐路に立っている社長、私と一緒に逆境を楽しみましょう!!

自己PR

私の今までの人生、逆境に次ぐ逆境の連続でした。まさに日本経済が急降下した1993年~2003年までの10年間、都市銀行に勤めましたが、私が入行した年に公定歩合(当時)が2段階も下がり、2カ店目勤務時には山一證券破綻により海外からの調達金利が急上昇、3カ店目勤務時には公的資金が注入され、4カ店目勤務時に他行と合併。金融機関が最も厳しい状況におかれていた10年間だったと思います。

その後、父が病に倒れ、父が経営するプレカット(木材加工)及び住宅用資材・建材小売の会社を継ぎましたが、負債も重く、従業員のベクトルを一つに向けることも本当に大変でした。
会社経営時代は、耐震偽装問題(通称・姉歯建築問題)の発生により一時注文が激減、月20~30棟くらい注文を頂いていたメイン取引先の解散、大手プレカット業者の台頭による加工賃下落等、厳しい状況が続き、何とか5年半頑張りましたが、最終的には自ら会社を清算する方向に進みました。

工場の底地を売却すれば負債全額を返済できる予定でしたが、任意清算手続開始から3カ月後にリーマンショックが発生、買い手も思うようにつかず、最終的に売却出来たものの、想定価格よりもかなり安く、大口債権者様には約35%の債権カットに応じて頂きました。

今、改めて感じることは、「会社は存続してこそ意味がある」ということです。私の数々の逆境経験を活かし、少しでも中小企業経営者様のお役に立てれば幸いです。

専門分野概要

会社の設立、その後必要となる許認可の申請等創業時支援、事業再編等による一部事業の売買(M&A)等成長期から成熟期の支援、事業承継(後継者への株式譲渡または他社への株式売却)、会社清算等成熟から衰退期の支援等、法人全般の支援を行います。

保有資格

行政書士、宅地建物取引士

専門分野・詳細

  • 会社設立手続(電子定款対応、NPO・福祉法人等特殊法人の許認可申請手続き)
  • 各種許認可申請(建設業、宅建業、介護関連、金融商品取引業、放課後等デイサービス等)
  • M&Aアドバイザリー業務
  • 相続対策(遺言作成業務支援、相続人関係図・遺産分割協議書作成、相続放棄申述書作成支援等)

プロフィール

(職歴)

1993年4月~2003年4月 富士銀行・みずほ銀行勤務

  • 三田支店:中堅・中小企業、富裕層担当(融資、預金、新規開拓業務)
    融資新規取引獲得3社
  • 神田支店:大・中堅企業担当(上場企業、地場優良企業への融資、外為、デリバティブ取引等)
    年商約400億円企業のリスケ、東証2部上場企業の増資引受等を実施しました。
  • 大森支店:中堅・中小企業、富裕層担当(融資、外為、デリバティブ取引、預金、新規開拓、ベンチャー企業投資業務)
    融資取引新規獲得5社(上場企業子会社1社含む)や、ベンチャー企業1社に対し、富士銀キャピタルにて50百万円出資等を実施しました。
  • 京都営業部:売上50億円以上の優良企業新規開拓
    融資取引新規獲得9社

2003年5月~2009年2月 建産センター株式会社(プレカット工場、住宅用資材・建材小売)代表取締役
倉庫内へのラック導入等により、業務効率大幅UP、仕入・販売・在庫管理システム構築により、日次決算、日次資金繰り管理、在庫大幅削減等を実施しました。

2008年12月~2012年7月 株式会社アーケイディア・グループ(経営コンサルティング)勤務

  • M&Aアドバイザリーとして、2件成約
  • 東証2部上場企業の中期経営計画策定
  • 第二種金融商品取引業許可申請及び免許取得、それに伴いファンド組成業務等実施

2013年7月 柿原健作行政書士事務所開設

業務内容

(実績)

  • 経営改善計画策定:5件
  • 中期経営計画策定:1件
  • 創業融資事業計画策定:3件
  • 会社設立:21件
  • M&A成約:3件
  • 第二種金融商品取引業許可申請:1件
  • エネルギー使用合理化等事業者支援補助金申請:8件
  • 創業補助金申請:2件
  • ものづくり補助金申請:1件
  • 通所介護事業者指定申請:1件
  • 債権回収書類作成:5件
  • 宅地建物取引業許可申請:3件
  • 自治会創立・管理規約作成業務:1件
  • 建築士事務所登録申請:1件
  • 定款・議事録作成業務:100件以上


経営ブログ

資本金は下限いくらまで減資可能? (柿原 健作)

<資本金は下限いくらまで減資可能?> 長年赤字続きで、資本金の額とほぼ同額、あるいはそれ以上に繰越損失が膨らんでしまっている企業を時々拝見します。仮に、純資産の内容が資本金が30百万円、繰越利益剰余金が△25百万円で、差 …

所在不明株主の発生を事前に防ぐには (柿原 健作)

 中小企業で、会社設立当時に初代オーナーが数名の知人や設立時取締役数名に出資してもらったが、設立から数十年以上経過し、世代交代等も進み、所在が分からない株主が何人かいる等で頭を抱えている社長さんを時々お見受けいたします。 …

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6869-0923 受付時間:9:00 - 17:00 [土・日・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © アライアンス コンサルティング All Rights Reserved.